HOME 学校の紹介 サイトマップ イベント 出願窓口 留学をお考えの方へ 出願する方へ 教育機関・企業の方へ
学長からのメッセージ
学校の紹介
進学実績
キャンパス
ブライトン校
ケンブリッジ校
ロンドン校
オックスフォード校
サマースクール

コース

留学体験談
学校の認定
宿泊施設
ステューデント・ケア
イギリス基本情報
保険
FAQ よくある質問
プログラム日程一覧
授業料・寮費
入学案内
出願窓口
HOME

留学体験談

ベラビーズからオックスフォード大学に進学!Aレベルを終えてインタビュー

吉田 知世さん



吉田 知世さん
留学先:ベラビーズ・カレッジ Bellerbys CollegeのAレベル修了後、オックスフォード大学 University of Oxford進学
留学分類:高校留学(Aレベル) 、大学留学
専攻名:Biological Sciences 生物科学
留学時期:2011年〜
beoの留学サポートを利用して留学

今年(2012年)9月、世界の名門 オックスフォード大学に進学された吉田さん。日本の高校を卒業してイギリスに渡り、ベラビーズ・カレッジ Bellerbys Collegeの特別奨学金(£10,000)も獲得してAレベルを受講。オックスフォード大学に合格するまでの生活や、想いをお聞きしました。

ベラビーズ・カレッジで勉強して良かったと思うことは何ですか?

ベラビーズ・カレッジには色々なコースがありますが、私が勉強したAレベルのコースでは、専門の先生方による適切なアドバイスを受けられる点が良かったです。
またべラビーズはイギリスに4校あり、その中でオックスフォード校を選べたことも良かったと思います。

クラスの人数、国籍、雰囲気、教師はどのようなかんじでしたか?

Aレベルのクラスは、10〜20名です。中国、ロシア、ベトナム、香港からの学生が多いです。
先生方はとても話しやすく熱心で、進路相談などは、いつでも時間をとって頂きました。
ベラビーズ自体の校風は、オープンでフレンドリーな雰囲気です。

授業で感じた、日本の高校との一番の違いは何ですか?

考えるプロセスを重視していると思います。 Aレベルの試験は、答えに至るプロセスを求めていて、答えが間違っていてもプロセスが正しいと加点される事があります。

一番大変だった出来事は何ですか?それをどのようにして乗り越えましたか?

エッセイを書くことです。特に政治の科目では、試験の制限時間内に書き上げるのに苦労しました。たくさん書くにつれて書き方のコツを掴み、乗り越えることができたと思います。

平日は1日どのくらい勉強していましたか?

1日の(授業時間外での)勉強時間は、3時間程度です。試験の前になると、もう少し多く勉強していました。学校は午前9時から午後4時までですが、自分の選択した科目によって授業の時間は変わります。
宿題は授業の復習で、普段は多くありませんが、時には膨大な量が出ます。
    
余暇はどのようにして過ごされていましたか?

休日はオックスフォードの街で、友人と食事、書店回り、食材の買出し、映画鑑賞をしていました。 日曜日は街全体のお店の営業時間が短いので、気を付けていないと買いそびれてしまいます。
また月に1度くらいロンドンまで行き、ショッピングを楽しみました。
学校にはいくつかのクラブがありましたが、わたしはバトミントンクラブに入り、週末にスポーツセンターでバトミントンをしていました。

日本の家族と離れてイギリスで生活を始めた当初の気持ちを教えてください。

初めての地で、また親元を離れて生活するのも初めてだったので不安はありましたが、友達が増えるにつれ不安は減っていきました。

1年間のイギリス生活を経て、1年前の気持ちから何か変化はありますか?

誰も知っている人がいない、習慣も異なる地で生活が始まりましたが、今は多くの友人ができ生活力がついたと思います。      
またイギリスが更に好きになり、一方、日本の良い所も再認識しました。

寮に住んで良かったと思うところがあれば教えてください?

友達の輪が広がって行くことが良かったです。 同じ目標を持った仲間と一緒のため、ちょっとした連帯感もあります。
また寮母さんが、とても良い方で、特に最初の頃はいろいろとにお世話になり、感謝しています。

合格先のオックスフォード大学を選ぶ決め手にしたことは何ですか?

生物学科のある大学の中でトップ校であったので、オックスフォード大学に応募しました。

いつくらいから志望校を決めて、そこを目指していましたか?

Aレベルの前半コースの試験が終わる頃から真剣に考え始め、後期コースが始まってすぐに志望校を決めました。
最終的には、オックスフォード大学以外に4つの大学へ願書を出しました。

オックスフォード大学での目標を教えてください。

まずは充実した学生生活送り、生物学を深く研究したいと思います。
世界的に著名な先生方の講義をとても楽しみにしています。

海外のトップ大学を目指されている方、将来の夢のために海外で勉強したいという方にアドバイスをお願いします。

留学する場合高い英語力が要求されるので、できれば、海外に出て英語力を高めることが一番だと思います。
Aレベルの試験自体は、日本の大学受験の内容とあまり差が無いか、あるいは日本の方が難しいものもあります(数学は日本の方が難しいと思います)。

またイギリスの大学に留学を考える場合、Aレベルで行くか、ファウンデーション・コースで行くか2通りの方法があります。
イギリスの大学のトップ校を目指す場合は、Aレベルを目指して下さい。
私は、Aレベルを勧めてくださったbeoスタッフの方に心から感謝しています。

 知世さんのご両親から】高校生のお子様をイギリスに送り出したお気持ちは?
   
1万キロの彼方の、知人もいない異国の地に娘を送り出すので、留学当初も今も変わらず心配ですが、だんだんと信頼できる友達もできているようで、また、慣れてきているので心配のレベルも下がってきています。

イギリスで勉強したいと言う本人の強い意思もあり、親子で留学セミナーに参加をしたり、ベラビーズの学校や寮など現地を下見するなどして、留学が正しい選択なのかを本人だけでなく家族みんなで考えました。
留学は経済的負担も大きいですが、最終的には、「可愛い子には旅をさせよ」という事で、親としても留学を決断しました。

色々な点で留学はハードルが高いと思いますが、その分得られる物も大きいと思います。お子さんが留学に興味をお持ちならば、前向きに検討されてはと思います。

(写真:留学前に撮影)

 

ファウンデーション・コースからケント大学に進学、会計&財政を学ぶ

住田裕子(Yuko Sumida)さんは、現在ケント大学(カンタベリー)で会計&財政Accounting & FinanceのBAプログラムを専攻する1年生。2003年1月から8月まで、ベラビーズ・カレッジのブライトンでファウンデーション・コース(ビジネス専攻)に在籍し、その後、ケント大学への進学を見事果たしました。住田さんにベラビーズ・カレッジでの留学経験についてお話をうかがいました。

Q 留学先をベラビーズ・カレッジに決めるにあたって、どこからどのようにして情報を集めましたか?

A 私はベラビーズに行く3ヶ月前まで、イーストボーンにあるカレッジ(日本でいう高校みたいなところ)でAS-レベルとA-レベルを16-17歳のイギリス人とともに勉強していました。しかし語学の壁というものは本当に大きく自分でちゃんと理解しているのかはっきりいって不安でした。図書館で人一倍勉強していたつもりでもやはりテストなどでは成績がよくなく、先のことに不安を抱くようになり知り合いの日本人に相談をしました。知り合いのジョンという私が高校1年のころからお世話になっている先生に相談し、そしてこのベラビーズを探してくれました。

Q 最終的にベラビーズ・カレッジに決めた理由は何でしたか? また、どのような点で迷われましたか?

A 学校案内を読みベラビーズが、イギリス人ではなく、留学生を対象としたファウンデーション・コースを開講していると知ったとき、ここなら大丈夫!と安心感を持ちました。そしてベラビーズが持っている大学進学率の高さ! これには本当に驚かされました。ベラビーズのファウンデーション・コースは、イギリス国内の26校の大学と提携しています。ベラビーズの試験をパスすれば必ずどこかの大学へ進学が保証されるという安心感があります。その提携校もイギリス国内のいろんなところにあるので、大学の選択肢は豊富です。それに加えて、ベラビーズの98%という大学進学率の高さ!「大学へ行きたい!」と願っていた私にはかなりのプラス面でした。
 しかし私がベラビーズへの進学を決断するまでにはひとつ大きな問題がありました。私はそのときイーストボーンというホーブからは電車で45分くらいのところにホストファミリーと住んでいました。1月からベラビーズへ行くとなるとホーブでホームステイをしなければいけません。ベラビーズは学生寮(カレッジハウス)を持っていますがそのときはもういっぱいでした。私のホストファミリーは本当にいい家族でした。私はこのファミリーよりいいところはないと確信していたので、ホーブへの引越しをファミリーに言うこともできず一人で悩んでいました。そんなとき知り合いが一言「イーストボーンから通うのはどう?」と提案。私はその言葉で決めました。イーストボーンからの電車通学を! 提案したとはいえ知り合いも大丈夫か心配していましたが、私はこれでファミリーを失うこともなく自分もやりたいことができる!と感じていたので大丈夫だと周りの人みんなに言っていました。
 そしてホストファミリーに全てのことを話しました。「ユウコがそう決めたなら私たちも協力します」と言ってくれ、私は毎日家を朝6時にでなければいけないのに、朝食の準備を全て前夜に済ませておいてくれたりしました。朝の物音などにも文句ひとつ言わず、私の帰りが遅いときもディナーをとっておいてくれたり、私を影から支えてくれました。確かに毎日の電車通学は簡単なものとはいえません。イギリスの電車は時間にルーズだったり、簡単にキャンセルしてしまうので信頼できない・・・。
 友達も先生方もみんな信じられない眼差しを送っていましたが、私は正直辛いと思ったことはありませんでした。私みたいなこういった根性がない方にはこういう通学はオススメしませんが悪いものではありませんよ。ベラビーズの学生寮のことは全く分かりませんが、友達いわく問題はないみたいですよ。

Q ベラビーズ・カレッジのおすすめしたい点としてはどのようなことが挙げられますか?

A 私が一番にオススメしたい点はコース内容です。私が専攻していたビジネスのファウンデーション・コースは、1月から8月まで合わせて10教科ありました。聞いただけで大変だということが分かると思いますが、正直すごくやることの多いタフなコースです。大変ではありましたが、ケント大学へ進学してみると、1年生はいろんなことを全体的に学ぶので、ファウンデーション・コースの延長みたいな感じであり、Accounting(会計学)だけでなく、今はEconomics(経済学)やBusiness(ビジネス)、Law(法学)、Math(数学)などもファウンデーション・コースで学んだことがとても役立っています。始めは絶対に数学とかいらないと思っていたけれど、結局大学で数学の授業があり、ファウンデーション・コースで無駄なことは全く学んでいませんでした。全てどこかで役立っています。
 先生方の指導もとても親切でした。1クラスは最高15人までと少ない人数なので、質問などもしやすくクラスメートみんなが友達で楽しく協力しあい勉強していました。ベラビーズを卒業した今でも先生方は分からないところをメールなどで丁寧に教えてくれてすごく助かっています。あとベラビーズの日本人の割合はほんとうに小さく、日本語を話す場というのはほとんどありませんでした。私のクラスメートもみんなちがった国籍でした。そのため、私の英語力が一番伸びたのは、このベラビーズにいた時期だと思っています。どこにいても英語・・・・・・。あとイギリスの大学に入るにはアメリカでいうTOEFLみたいなテスト、IELTSというものが必要とされます。このテストは正直いって大変です。でもベラビーズでは本当に細かく丁寧にコツとか教えてくれて、生徒にいいスコアをとらせようと、先生方も必死な姿には感謝の気持ちでいっぱいです。

Q 学校以外では、どのようにして過ごされましたか? また、留学先の近くの街ではどのような楽しみがありましたか? 

A ホーブはとても小さな町です。遊ぶところといったらタウンセンターしかありませんが、ホーブはブライトンと同じく海沿いなのでビーチで遊ぶことができます。学校の前からブライトンへのバスが頻繁に出ているので、私はよくブライトンへ出かけていました。ブライトンにはチャーチル・スクエアという大きなショッピング・センターがあるのでよくそこで買い物をしていました。学校からブライトンまでは歩いていける距離でもあり、バスだと10-15分ほどです。ブライトンには映画館もあります。ビーチ沿いのパレス・ピアには、ちょっとした遊園地やゲームセンターもあり、とても楽しく過ごしやすいところです。夏場には避暑地としてたくさんの観光客で埋め尽くされます。私の一番大好きな町、イーストボーンへもブライトンからはバスが出ていて1時間半ほど。電車だと40分ほどの近いところです。イーストボーンから通っていた私はほとんどをイーストボーンで過ごしていました。公園へ散歩に行ったり、ピクニックをしたり、ビーチでのんびりしたり、タウンセンターで買い物をしたり、映画を観たり、のんびりと過ごしていました。イーストボーンは田舎なので、すごく緑が多くとても心からのんびりできますよ! イーストボーンも根本的にはブライトンと一緒なので夏場には多くの観光客で大賑わいです!私の一番好きな町です。

Q 留学先をベラビーズ・カレッジにするかどうかと迷っている学生さんに対して、メッセージをお願いいたします。

A この私の体験談がみなさんにどんな影響を与えるかわかりませんが、私はベラビーズへ行って今後悔していることは全くありません。8ヶ月間という短期間での集中的なコースなのでハードでしたが、ベラビーズでのあの苦労がなかったらケント大学で楽しく過ごしている大学生の私はいない気がします。辛いことを経験するのは留学生には避けられないことだと思うし、投げ出したくなるときも絶対あると思いますが、辛いことの先には必ず楽しいことが待っています。ベラビーズで頑張った分、大学の勉強で楽な面がいっぱいあります。イギリスの大学への進学を考えている皆さん、ベラビーズをひとつの候補として考えてみてはいかがですか。この私の体験談が一人でも多くの留学生のみなさんもお役にたてれば幸いです。

ページの一番上へ

学長からのメッセージ | 学校の紹介 | 進学実績 | キャンパス | コース | 留学体験談 | 学校の認定 | 宿泊施設 | スチューデント・ケア | イギリス基本情報 | 保険 | FAQ | プログラム日程一覧 | 授業料・寮費 | 入学案内 | 公認日本オフィス | HOME
Copyright ©2009 beo, All Rights Reserved.
 

 

HOMEへ